やぎう坐からのお知らせ

ホーム > やぎう坐からのお知らせ > 4/30(日)『祖谷物語ーおくのひとー』上映

4/30(日)『祖谷物語ーおくのひとー』上映

投稿日:2017/04/17

  • 映画更新

祖谷物語

やぎう坐のある三好市祖谷地方の作品。
実際に祖谷に行った後また行く前に上映会に参加するとより楽しめるのではないでしょうか。

 

◇参加費:お一人様 ¥1,800

 

◇作品紹介

スタジオジブリ作品を彷彿とさせる映像美と感動! その美しくも厳しい大地に根をおろし、時代に翻弄されながらも逞しく生きる人々がいる。本作『祖谷物語―おくのひと―』は、そんな人々の営みを真摯に見つめ、現代社会が見失って久しい“本当の豊かさ”を見出そうとする意欲作である。東京を除く全てのシーンをオール徳島で撮影し、若草萌える春から雪に閉ざされた冬まで、四季折々の表情を見せる祖谷を克明に記録。また、揺れ動く人々の心情を温かに綴った物語は、スタジオジブリ作品「となりのトトロ」や「おもひでぽろぽろ」のように、誰の中にも眠る“心の故郷”を呼び覚まし、時空を遡ったかのような体験をさせてくれる。

 

アクション女優、ダンサー、演技派俳優、異彩のキャストが集結!

 

主人公の女子高生・春菜を演じたのは「ハイキック・ガール!」「KG カラテガール」「女忍 KUNOICHI」など本格アクション映画の主演を務め、最近ではUCカードの瓦を割るCMが話題となり、一躍時の人となった武田梨奈。本作ではアクションを完全封印し、忍び寄る時代の変化や将来の不安に揺れ動く心の機微を巧みに表現。演技派女優としての新境地を披露する。

 

春菜と暮らすお爺役には、ダンサー・俳優として国内外を問わず活動し、映画「たそがれ清兵衛」では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞・新人俳優賞に輝いた田中泯。東京からやってきた青年・工藤役には、「赤目四十八瀧心中未遂」「キャタピラー」「さよなら渓谷」など、全身全霊の演技で映画界を揺るがしてきた大西信満と、これ以上ない豪華キャストが出揃った。

 

また、『殯(もがり)の森』『萌の朱雀』など、奈良を舞台にした作品で、世界的に活躍する映画監督・河瀨直美も女優として参加し、その独特の存在感で作品に彩りを加えている。

 

監督は甲子園の名将・池田高校野球部元監督の蔦文也の孫であり、徳島県三好市出身の蔦哲一朗。

 

◇参加方法(※重要)
今回の上映会は、popcornという新しい映画上映サービスを利用して行ないます。サービスの仕組み上、作品をご覧になりたい方は、必ず以下手順で事前にチケットをご購入いただけますようお願いいたします。FBページで「参加予定」ボタンを押すだけではご予約が完了しませんのでご注意ください。登録方法がわからないなどございましたら、メッセージにてご連絡ください。

(1) 以下のページにアクセスします(popcorn上のイベントページです)。
https://popcorn.theater/events/88

(2) 「チケットを購入する」ボタンから、購入ページに進みます。会員登録がお済みでない方は、そのまま登録後、チケットを購入してください(Facebookアカウントでも簡単に登録できます)。