やぎう坐からのお知らせ

ホーム > やぎう坐からのお知らせ > 7/30(日)『父を探して』上映会

7/30(日)『父を探して』上映会

投稿日:2017/06/22

  • 映画更新

父を探して

◇参加費:お一人様 ¥1,500

 

 

◇作品紹介

本作『父を探して』(英題「Boy and the World」)は、ブラジル・インディペンデント・アニメーション界の新鋭アレ・アブレウ監督による長編アニメーションです。出稼ぎに出た父親を探しに、少年が広大な世界を旅するこの作品は、2014年のアヌシー国際アニメーション映画祭でクリスタル(最高賞)と観客賞を同時受賞という快挙を達成。これまでに44の映画賞を獲得しています。2016年2月のアカデミー賞長編アニメーション部門でも、スタジオジブリ『思い出のマーニー』やピクサーの『インサイド・ヘッド』、アードマン『ひつじのショーン』ら有名スタジオ制作の作品に混じって、南米勢としては初めて最終候補にノミネートされました。クレヨン・色鉛筆・切り絵・油絵具などを自在に使い分けた筆づかいは、まるで絵本に魔法がかけられたかのようで、自然な質感と滑らかなアクションが見るものを驚嘆させます。また、高畑勲監督と宮崎駿監督にも影響を受けたと語るアブレウ監督は、多彩な動きや色で子どもを魅了するだけでなく、社会・政治・環境・経済といった大人の問題をテーマに掲げました。70年代〜80年代にかけて長い独裁政権を経験し、近年では経済成長が著しいものの、様々な矛盾が噴出するブラジル。本作はそのブラジルの歴史でもあり、現在の世界の縮図でもあります。さらに、それらすべてが比類のない芸術性と観察眼によって、一切のセリフもテロップも必要とせずに描かれている点で、言語の壁を超えた表現として世界的に高い評価を受けています。

 

監督: アレ・アブレウ

プロデューサー: Tita Tessler, Fernanda Carvalho

脚本: アレ・アブレウ

出演者: Vinicius Garcia

ロケーション: ブラジル

音声: 言語なし

2013年 / 80分

公式サイト: http://newdeer.net/sagashite/

 

 

◇参加方法(※重要)
今回の上映会は、popcornという新しい映画上映サービスを利用して行ないます。サービスの仕組み上、作品をご覧になりたい方は、必ず以下手順で事前にチケットをご購入いただけますようお願いいたします。FBページで「参加予定」ボタンを押すだけではご予約が完了しませんのでご注意ください。登録方法がわからないなどございましたら、メッセージにてご連絡ください。
(1) 以下のページにアクセスします(popcorn上のイベントページです)。
https://popcorn.theater/events/277
(2) 「チケットを購入する」ボタンから、購入ページに進みます。会員登録がお済みでない方は、そのまま登録後、チケットを購入してください(Facebookアカウントでも簡単に登録できます)。